院長の歯科コラム

invisalign-インビザライン-

ノンブラケット研究会

沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科

HOME>小児歯科

小児歯科

お子様の治療は、 健康(むしばや歯肉炎のない)で健全(美しく機能的なかみ合わせ)な、
永久歯列に導く事が目的になります。

お子様の大切な歯はお母様の心がけで変わってきます。

大体のお子様はむし歯の治療を嫌がります。当院では歯の治療だけでなく、お子様の年に合せたブラッシングの仕方をご説明します。

お母様の仕上げ磨きやフッ素塗布等むし歯予防の処置について正常な永久歯を作るため指導を行っております。また歯医者さんに行きたくない!と思っているお子様が歯医者さんは怖くない、痛くない、平気と思ってもらえるような歯科医療を心がけております。

小児歯科治療の目的は「自分自身の歯で一生過ごせる事」です。小さい時から治療をしておくと、健康な永久歯ができ、虫歯になりにくくなります。歯医者でのメンテナンスも重要ですが、ご家庭でも正しい歯磨きへの取り組みを行ってください。

虫歯をコントロールすること。

乳歯はほとんどの場合永久歯にはえ換わりますので、
乳歯に小さな虫歯が出来てしまったとしてもまだやりなおしが効きます。
ただし、乳歯に虫歯が出来てしまうという事は虫歯の出来やすい環境が
整っている事、永久歯も虫歯になり易い環境があります。

また小さな虫歯ならまだしも、歯が崩壊してしまうような虫歯が
乳歯に起こった場合、その後のかみ合わせにも
大きく影響が出てしまう事があります。

歯ブラシや定期健診の習慣をつけるということ。

歯ブラシは虫歯の予防にも、効果はありますが、
成人してからの歯周病予防に大きな効果があります。

また、小さな虫歯、初期の歯周病などを早期に発見することが、
将来にわたって健康な歯で過ごすのに役立ちますので、
定期健診はお子様のうちから習慣づけた方が良いでしょう。

いざ治療が必要になった時のために病院に慣れてもらうこと。

お子様は、恐怖心のために治療が難しい事もあり、
無理に治療を行う事で歯科恐怖症になってしまうこともあります。
導入のトレーニングや定期健診でクリニックに慣れてもらえば、
いざ治療が必要になったとしても簡単に治療に入る事が出来ます。

お子様の治療の場合、歯が折れてしまったなど緊急の場合を除き、
当院に慣れて頂くことからはじめます。
すぐに出来るようになる子もいれば、5回〜6回通って
やっとユニットに座ってくれるような子もいます。

また、たとえ小さな虫歯が見つかったとしても、
すぐに治療をするのではなく、食生活の改善、歯ブラシの指導、フッ化物の応用をすることで、
虫歯の進行を遅らせて、お子様との治療可能な信頼関係ができるまで気長に待つことも大切だと思います。

歯だけの事を考えれば、治療を急いだ方が良いのでしょうが、
無理して治療して歯科に対して恐怖心を抱くと、本当に必要な永久歯の治療に支障が出ます。

当院では、ひとりひとりの様子をみながら自発的に治療を行うとしたときに治療をしています。
また、矯正の知識のあるドクターが常駐して、歯並びの予測をお話ししておりますので、
健全な歯並びを獲得する手助けをしております。
定期健診は3-6ヶ月の範囲をお勧めしています。

荻窪ソレイユ歯科・矯正歯科 ご予約・お問い合わせ 03-6915-1441 受付:10:00〜13:30 / 15:00〜20:00 ※土日も診療しております。 休診日:火曜日・祝日 矯正歯科・インプラント・審美歯科・一般歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科

▲このページのトップへ