院長の歯科コラム

invisalign-インビザライン-

ノンブラケット研究会

HOME>歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病とは、細菌感染を原因として起こる炎症性疾患です。
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の隙間に、
細菌が増殖することで発生します。

最初は少し腫れたりする程度ですが、
進行すると歯を支える土台(歯槽骨)が溶けてしまい、
歯がぐらぐらと動くようになり、悪臭・痛みなどの症状が発生し、
最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

日本では歯周病、歯周病予備軍に含まれる人が大変多く、
成人では8割近くの人がかかっている、あるいは注意すべきとされています。

最先端の治療法「ペリオウェイブ」

いままでは治療法として、手用器具、超音波器具による
物理的な歯石等の細菌の除去が主流でしたが、
近年、抗生剤をはじめとする、薬剤の有用性が認めらています。

大きな効果を期待できるのですが、薬剤は耐性薗が現れ始めて
だんだんと効かなくなることや、腸内細菌をはじめとする、
有用な細菌までを殺してしまうこと等の副作用が問題でした。

それに対して、ペリオウェイブは光で殺菌を行うため耐性菌は出現せず、
また歯周病にかかっている歯のみに作用するため、体に優しく、
効果の高い新しい方法として注目されています.。

※ペリオウェイブによる治療は自費診療になります。
  詳しくは担当歯科医にご相談下さい。

「ペリオウェイブ」で治療を行うことのメリット

痛みを伴わない

ペリオウェイブで利用するレーザーは低温のもので、
人体に損傷を与えるようなものではありません。

そのため、痛みもなく安心して治療を受けることができます。

高い安全性

歯石の除去だけ行えば、ジェルとレーザー以外の装置を使うことなく治療することが出来ますので
安全性も高い治療法です。もちろん、ジェルもレーザーも人体に有害なものではありません。
がん治療や眼科治療など、他分野でも保険適用治療として認められています。

治療の流れ

1:歯石の除去

まずは、歯石の除去を行います。
ジェルを患部に満たして殺菌を行うため、先に歯石を取る必要があります。

2:バイオジェルの注入

ジェルを歯周ポケットに注入します。
このジェルは、有害な細菌に付着し、殺菌の手助けをします。
もちろん、このジェルは飲み込んだとしても人体には無害です。

3:光の照射による殺菌

レーザーにて光を照射し、殺菌を開始します。
ジェルに光が当たることで活性酸素が発生し、この活性酸素が細菌を破壊します。

4:洗浄

レーザーで殺菌を行った後は、死滅した細菌を洗浄します。
炎症の元になる細菌がいなくなることで、歯肉の状態が改善されます。

荻窪ソレイユ歯科・矯正歯科 ご予約・お問い合わせ 03-6915-1441 受付:10:00〜13:30 / 15:00〜20:00 ※土日も診療しております。 休診日:火曜日・祝日 矯正歯科・インプラント・審美歯科・一般歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科

▲このページのトップへ