院長の歯科コラム

invisalign-インビザライン-

ノンブラケット研究会

HOME>矯正歯科 小児矯正

矯正歯科 小児矯正

大人の歯が生え替わるまでのサポートをします。

現代人は柔らかいものを食べる機会が増えて顎の大きさが成長しにくくなりました。
また、食べ物の栄養が豊富になる事で歯の大きさが多くなる傾向にあります。
よって、顎の大きさ(入れ物)に対して歯の大きさ(入れるもの)のバランスがわるくなり、
歯が並びきらない事が多くなりました。

当院の、小児期の矯正の目的は、
未完成であるお子様の歯と顎が正常に発育するようにサポートをする事にあります。

当院では、お子様の負担をなるべく減らすために、取り外しの出来る装置をメインに治療しています。
固定式の装置に比べ、お口の中の清掃がしやすく、運動時などは外せるので、装置による負担が少なくなります。

歯が並びきるかどうかの予測は乳歯列のうちにする事が出来ます。
また、早い場合は3歳頃から治療をした方がいい場合がありますので、将来の歯並びが気になる場合は、
お早めに受診する事をお勧めします。

>>無料カウンセリングを予約する
※予約専用ページの、症状記載時に無料矯正相談を選択してください。

小児矯正のメリット

多くの場合、顎の骨格が固まってしまう大人になる前に
矯正をはじめたほうが矯正の効果が得やすいと考えられています。
必ずしも早ければ早いほどいいというわけではありませんが、矯正を開始する適切なタイミングを
逃さないためにも、歯並びに気になる点がある場合は早めにご相談ください。

小児矯正を行うことで得られるメリット

すべての歯が生え替わったら

小児期の治療のみでは、完璧なかみ合わせを得る事が難しい場合があります。
それは、顎の大きさなどコントロールしたとしても、歯が素直に正常な位置にはえてきてくれるとは限らず、
短い期間成人矯正を行う事でより健康で、美しい歯並びを得る事が出来ます。

トータルの治療期間は長くなってしまいますが、成長を利用する事で仕上がりを美しくする事が出来ますし、
もし成人矯正のように大掛かりな装置が必要になった場合も、通常に比べ期間を短くする事が出来ます。
もちろん、小児期治療のみで、歯並びがきれいになる場合がありますので、
小児期から治療する方がメリットが大きいと考えています。

小児矯正の流れ

※成長によって、時期に多少の前後があります。

初診

小児矯正(3歳〜10歳)

おおよそ6ヶ月〜1年程度

経過観察期間

この間、生え変わりの補助をする装置(保定装置)を使用しながら、
歯のはえ換わりを見守ります・ 虫歯や歯茎の炎症が起こらないよう予防しながら経過を観察していきます。
(3〜6ヶ月に一度来院して頂きます。)

永久歯列完成時 診査(おおよそ13歳ごろ)

歯列の完成時に診査を行い、成人矯正が必要がどうかお話しします。
必要な方のみ、成人矯正を行います。

成人矯正

おおよそ、6ヶ月〜1年程度 小児矯正である程度かみ合わせが整っていますので、
期間が短縮できます。概ね中学校卒業くらいまでに矯正治療が終わるのが目標です。

定期健診

>>症例集はこちら

料金

小児矯正 10万円(税別)〜
※検査診断料・調整料・リテーナー費用は別料金となります。
※当院で治療の患者様が、小児期治療から成人矯正に移行した場合は、
  成人矯正の料金より小児矯正の費用を引いた差額で治療する事ができる
  システムになっております。
  小児矯正、成人矯正、両方の料金がかかるわけではありません。

 

矯正歯科無料相談

荻窪ソレイユ歯科・矯正歯科 ご予約・お問い合わせ 03-6915-1441 受付:10:00〜13:30 / 15:00〜20:00 ※土日も診療しております。 休診日:火曜日・祝日 矯正歯科・インプラント・審美歯科・一般歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科

▲このページのトップへ